高い効果が得られる「医療脱毛」

医療脱毛は高出力のレーザーが魅力の施術

レーザー脱毛をご存知ですか。特殊な波長のレーザーを照射することによって毛根に作用し、毛が脱落するというメカニズムで脱毛が期待できる方法です。しかし、肌の表面に照射したレーザーの全てが毛根に作用するわけではなく、肌を通過していく間に吸収され、減弱してしまいます。そこで、多少肌に吸収されたとしても深部の毛根に効果を与えられるよう、高出力のレーザーを用いて脱毛するのが医療脱毛であり、美容外科クリニックなどで行われるれっきとした医療行為なのです。

医療行為ではないレーザー脱毛と医療脱毛の違いは、用いられる脱毛器の出力にあります。サロンで用いられている脱毛器と医療脱毛で用いられている医療機器としての脱毛器とでは、後者の方が圧倒的に出力が高いことが知られています。この高出力のレーザーによって肌の奥にある毛根にダメージを与え、脱毛を達成するのです。しかし、高出力のレーザーであればあるほど、通過する皮膚に吸収されるエネルギーも大きくなり、結果ヒリヒリと日焼けをしたような皮膚症状が現れることもあります。そのため、医療脱毛の際にはそれだけのエネルギーを持ったレーザーを使っても大丈夫な肌かどうか、医師による診察をしてから脱毛を施行すべきなのです。

医療脱毛のメリットは効率だけではない

医療脱毛は高出力のレーザーを用いて脱毛を行うことで、肌の深部にある毛根にまでしっかり作用して脱毛を果たします。その高出力のレーザーは人体に対してダメージを与える可能性があるため、医師の診断のもと行われなければならない医療行為です。このように医療脱毛は脱毛に関して言えば非常に効率の良い脱毛方法として知られていますが、それ以外に美容外科クリニックで施術を受けるメリットや利点が存在しているのです。それは、脱毛サロンでは出来ない、医療行為であるからこその魅力であり、サロン脱毛と比較するポイントになる点だと言えるでしょう。

まず、肌に少しダメージを与える可能性があるレーザーですが、その痛みに耐えられないという方には麻酔を施すことが出来ます。特に骨と皮膚が近い胸部などは施術後の痛みを感じやすい傾向があり、比較的刺激の少ない脱毛方法であるレーザー脱毛であっても麻酔を希望する患者さんは少なくありません。また、施術後の肌荒れや発赤に対して、美容外科的や皮膚科的な処置を施してくれることがあり、施術後のアフターケアも万全であるため、様々なリスクがあっても安心して施術を受けられるでしょう。施術の最中、具合が悪くなったとしても対応してくれるだけに、初心者でも安心して施術を受けられます。

© Copyright Self-Treatment Of Hair. All Rights Reserved.